検索

2019筆記試験直前の最新ニュース

今年の梅雨は、 よく雨が降ります。。。 九州はもう、 毎年のように大雨が降るように なってしまいました。 この雲行きだと、来週の二次試験は 曇り空、若しくは雨模様の中での 「オッサンだらけの真夏の一大決戦」 になるのでしょうか。 妄想トレーニングも、 大雨のシチュエーションで やっておいたほうが良いカモですね~。 それと、 これからの一週間は、 完璧に朝型へ移行しといたほうが良い。 ゼッタイに良い。 試験当日、自宅若しくはホテルを出る前に 最低1時間、願わくは2時間、 最後の最後の総復習の時間を用意しておきましょ。 コトここに及んで、 あなたが優先すべきことは、なんです? 試験本番の集中力を最大限に高めるための 事前準備を怠らないことでしょ? だったら、 靴下は2枚履いて、 朝4時、5時に起きる生活習慣に変えて、 上司同僚に気を使いながらもちゃんと有給取って。 エッ? 「最新ニュースってなんだ?」 って? まあ、焦りなさんな。 そうそう、あと、 現金な話だけど、 ひっさしぶりに神仏へのお祈りも 忘れずに。 「エルカンターレ像が中古だが大丈夫か?」 って? まぁよろしいんじゃないですか。 知らんケド。 とにかく、 最後の最後は、人事を尽くして、 神頼み。 ここまですれば、 平穏な気持ちと、 やることやったという、研ぎ澄まされた 「超感覚」に包まれた中で その時を迎えることができて、 当然のようにいい結果を 導くことができるでしょう。 『聴く!技術士二次試験一発合格のツボ』 に沿ってきちんと対策を積み重ねてきた あなたなら、筆記ぐらいは合格するんじゃないのかな。 ・・・梅雨の土曜日の朝。 外は、まだしっとりとした空気が漂っています。 昔、実家に住んでいた頃、 この梅雨時の真夜中は、 クワッ・・クワッ・・ って、 何百、何千いるのか、 雨蛙の鳴き声が 闇の向こうから 海鳴りのように、 鳴り響いていました。 蚊取り線香の香りとともに。 死に近き 母に添い寝のしんしんと 遠田(とおだ)のかはづ 天に聞ゆる これは、歌人斎藤茂吉の、 一番、私の印象に残っている短歌です。 この句に初めて出会ったのは、 小学生か中学生か、教科書だったな。 今も、こういう授業、 してるんだろけど、 でも、 デジタルに囲まれた子供達には、 あんまし 響かんだろなぁ。 ・・・時代は否応なく移ろいゆくし、 人心が移ろいゆくのも、 ごく当たり前のことなんだけど、 残りの時間が少なくなってきた今、 そういう、昔の、 何でもなかったひとつひとつのことが なお一層、 たまらなく懐かしく・・・ たまらなく愛しく・・・ 思えてしまいますな。 はい? 「いい加減、最新ニュースって何なんだよ?」 って? はいはい。 ちゃんとお届けしますから。 焦っちゃダメ。 そうそう。 短歌と言えば、 私が一番好きな歌人は、 あんまし有名でない、落合っていう人。 え!? あっ、いえいえ。 名は『福嗣』 じゃありませんよ。 『直文』って言うんです。 落合直文。 江戸末期から明治に生きた、 近代短歌の、いわば「祖」のような人。 有名ではないけれど、 与謝野晶子にもない、 石川啄木にもない、 北原白秋にもない、 哀しき人々にそっと寄り添うような、 そんな詩情に溢れていて・・・ もうね・・・ 父君よ けさはいかにと手をつきて 問ふ子を見れば 死なれざりけり 病床で、 健気な幼子にこんなコト言われたら、 そりゃ、 おメメがウルウル しチまいますなぁ。 霜やけの 小さき手して蜜柑(みかん)むく わが子しのばゆ 風の寒きに 冬の寒さが身に沁みながら、 遠く離れた幼子のこと考えたら、 そりゃ、 胸の奥が、ジュンって なっチまいますぜょ・・・。 さくら見に 明日はつれてとちぎりおきて 子は寝(い)ねたるを 雨ふりいでぬ ああ・・・ 天の神様よぉ・・・ 余計なことするなよぉ・・・ 膝の上に こよひも吾子(あこ)はねぶりたり 貧しき親を 親とたのみて ハァ・・・ あー・・・ エッ!? 「いい加減にニュース教えろよ!(怒)」って? すみません。 試験直前だというのに、 あなたの全く興味の無い 落合の短歌なんか並べて・・・ でも・・・ でも・・・ オッサンの感情が・・・ とまらんのです・・・ とまらんのです・・・ 木枯(こがらし)よ ながれゆくへのしづけさの おもかげゆめみ いざこの夜ねむ 没落していく士族の その悲哀が・・・ 人の心をこんなにも細やかに させていったんかなぁ・・・ ああ・・・ ため息が止まらん・・・ ミンティアどこいった・・・ 茫々(ぼうぼう)と したるこころの中にゐて ゆくへも知らぬ 遠(とほ)のこがらし えへへ。 ・・・いいオッサンが 朝から 大泣きしてちゃいけませんな。 分かりましたよ、 じゃ、最後に最新ニュースをお届けしやしょ。 技術士の二次決戦に向かうあなたへの餞(はなむけ)に、 落合さんの最新ニュースをお届けしやしょ。 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1906/12/news103.html 何がスゴイって、 オヤジのことが全然出てこない。 福嗣クン一人だけで完全に話題が成立してる。。。 立派なモンだな。 【今号の反省】 ・やっぱ長すぎ ・やっぱふざけすぎ ・信子にも触れるべき

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​技術士合格の仕組み講座 © 2021 ビジネスマン自立実践会