検索

超絶エリートよりあなたが優れている理由

残暑が厳しゅうございます。 いかがお過ごしですか。 庭に打ち水すれば少しは涼しくなるか、 と思ってやってみても、 逆に蒸し暑くなるだけ。 もう何にも手に付きませんな。 でもまあ、 筆記試験も終わって、 緊張感が途切れる時期ですしね。 涼しくなるまで試験のことは考えなくても良いんですが、 だからと言って、ボーッとしているのも、 時間の無駄遣い。 ただ、 時は金なり、ですから。 ボーッとすごすってーのは、 金を浪費しているのとおなじこと。 勿体ない。 「いやオイラ、甲子園見ながらビール飲んでるから」 なるほど。 でも、そればっかしでは、ね。 こういう、学習しなくても良い時期って、 教養を積む絶好のチャンスなんですよね。 「うわぁ出た、教養。  マジメか!!」 って? でも・・・、 マジメなこと少し言わんと、 あなたに読んでもらっている値打ちが無いので。 『聴く!技術士二次試験一発合格のツボ』のコラムでも書きましたが、 教養の有り無しって、 技術者としてのあなたにとって、 これから結構、いろんなトコで効いてくると 思うんです。 技術士になって、 いずれ会社の中でのリーダーになる そんなあなたが修羅場で下す決断の質に直結する、 それが、個人としての哲学であり、 ひいては、教養なんです。 だから、 どんなにあなたに技術力があっても、 それだけじゃ、 大失態を犯すリスクを孕(はら)んでいる。 こないだ、 北方領土で、 考えられない大失態を犯しました輩がいましたよね。 大失態を犯したそのあくる日、 立場的にははるーか下の、 年上の北見市の職員に 本気で説教されて シュンとなってました。 本人の名誉のため、一部名前は伏せますが、 〇山穂高。 あなたもご存知、 大阪選出の、元日本維新の衆議院議員です。 東大経卒。 経産省キャリア。 そして松下政経塾を経て、代議士3期目。 超絶エリートです。 でも、 教養は、あなたより だいぶと足りてなかったみたいで、 国後島で、酔っ払って 洒落にもならないコト、やっちゃった。 そして、 帰国後にそれがバレて非難されると、 「適応障害」って病気になって、 国会から雲隠れ。 でも、しばらくしたら、 治ったんだってさ。 今は? と言えば、 「NHKをぶっ壊す!」 とか何とか言ってる。 ね? 教養、 積んどきましょ。 この、丸山穂高の例・・・ アッ! 〇山穂高の例を持ち出すまでもなく、 アタマの良し悪しなんて、 良い社会をつくっていく上では、 あんまし関係ない。 デキなんて、悪くたっていい。 というか、 むしろ、悪い方がいい。 周りの人よりデキが悪いことを、 思い悩んでいるくらいが、ちょうどいい。 なぜなら、その分、謙虚になれるから。 謙虚な気持ちの中に、 教養とそれに基づく哲学と、 しっかりとした責任感さえあれば、 もう、十分なんです。 だって、 自分一人で解決できないときは、 賢い誰かから知恵を授かればいい。 自分一人で開けられない重たい扉は、 誰かのチカラを借りて こじ開ければいい。 どちらへ進めばよいかわからないときには、 自らの教養と哲学に基づいて判断すればよい。 謙虚で、教養があって、さらに責任感のあるあなたなら、 それらが可能なのです。 〇山穂高には、それができません。 なぜなら、 〇山穂高に知恵とチカラを貸してるのが誰かと言えば、 立花孝志と上杉隆ですよ。 胡散臭さ120%MAX。 この二人が授けてくれるのは、悪知恵。 そして、そもそも 扉をこじ開けようなんて、思ってなんていやしない。 むしろ、 〇山穂高を利用しようとしてるだけ。 教養がないと、 最後はこんな連中とツルむ羽目になります。 だ・か・ら、 教養が必要です。 「でもどうせ、本を読め! だろ?」 って? そんなコト言いませんよ。 そりゃ、本を読むのが一番カッコいいですよ。 でも、そんなんお勧めしても、 ビールっ腹さすってるあなたは、 どうせ聞き流すでしょ? 今の時代は、ありがたいんですよ。 教養を仕入れるのに、 何も本に限ることないんです。 手っ取り早いのは、いわずもがなの YouTube。 教養系の、いろんな動画がアップされています。 哲学、文学、教育、心理学、経済、宗教学、政治、医学、歴史・・・ こうした、あらゆる分野に精通したいろいろな人が、 分かりやすく解説している動画が、たんまりと用意されています。 これを通勤の行き帰りになんとなく視聴する方が、 実は一冊本をじっくり読み込むよりも、 大枠を理解しやすいし、何より、楽。 しかも無料。 ただ、ご案内の通り、 YouTubeに限らず、ネット上のコンテンツはまさに玉石混交。 選ぶものを間違えると、反知性側に転落する危険があります。 例えば、先ほどの立花孝志界隈の動画。 あんなの、マトモな大人は触れちゃいけません。 理性をもって、あたるようにしましょう。 冗談抜きに。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​技術士合格の仕組み講座 © 2021 ビジネスマン自立実践会