検索

口頭試験で言ってはいけないあなたの●●●

もう9月になりましたな。 はやいもんで。 口頭試験まで、まだ時間はあるのですが、 そろそろ、そろそろ、 再起動しましょか。 その、口頭試験対策については、 やらなきゃいけないことを 『聴く!技術士二次試験一発合格のツボ』の中に ある程度書いているんですが、 あなたが今すべきことは、 それらのプランニングを作ることでしょうか。 これ、書かんかったな。 書くべきだったかな。 当たり前すぎて、書かんかったんかな。 ごめんなさい。 いろいろ、反省点、あるな。 なので、筆記試験同様、日割りで対策を立てましょ。 この計画は、具体的に書いておくことが大事です。 焦らず本番を迎えるために、 謙虚なあなたに立ち返っておきましょう。 そんなさなかに、こんなニュースがありましたな。 日本経済新聞マーケットニュース2019/9/6 20:30 『バークシャー、初の円建て債4300億円 海外企業で最大』 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49510400W9A900C1EN2000/ これは、 「著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャーが、 海外企業が発行するとしては過去最大の円建て債を発行した」 というニュースなんですが、 衝撃的というか、いよいよ、というか・・・。 これってつまり、さっくり言うと、 「日本人の皆さま、お金を貸してくださいな。 今の銀行の定期預金よりは良い利率で利息を払い続けますよ~ しかも元本保証ですよ~」 ということなんですけどね。 旦那、何か、感じます? ちなみに、円建て債ってのは、 「購入時の支払いや利金・償還金の受取りが円で行わるもの」。 https://info.monex.co.jp/beginner/bond/faq/qa02.html つまり、この件は、 円で借りて円で返す、っていうバークシャーの 日本人向けの借金。 この、円建て債というものを理解した上で、 も少しこの件を詳しく言うと、 バークシャーが、 「日本人投資家のみなさ~ん、 円(1ドル=110円くらい)でお金を貸してくださいよ~。 そしたら、それで投資して稼いできますよ~。 んでもって元本までガッチリ返しますよ~。 円建てですけどね~」 と言い出した、ということ。 これにはきっと続きがあって、 「いやぁ、実はね、今、円って、 本来よりも価値がゼンゼン高いんッスよ。 だから、何年か後にウチが日本人に円で返済するときはきっと 本来の価値に戻ってるはずなんですわ。 具体に言うとですな、 あと何年かすると、きっと、円が、値下がりしてるんですな。 1ドル=200円とか、300円とか、 それはいくらかわからんけれど、 ともかく、暴落してるんですよね~(笑)。 だから、アメリカにあるウチの会社からしたら、 実はこの借金、チャラみたいなモンなんですわ~(大笑)」 と、こんな本音を漏らすバークシャーに、 も一つ余計なことを言ってもらうとですな、 きっと次のようなこと、抜かすと思うんですな。 「だって、おたく国の日銀って、あそこ、 中央銀行でしょ? でも、中央銀行の癖に、大量に円を刷って、 刷って刷って、刷りまくって、 そんで国債を大量に買い込むわ、 株価を買い支えるような株価操作するわ、 めちゃくちゃしてますやんか。 知った上で円まみれになってんだから、 そんなことしてりゃ、そりゃ、 道理として、円増えたら、その価値は下がりますよ。 ってか、下がらにゃ、おかしいでしょ?」 この、日銀による株価操作、 ブルームバーグという、金融関係に強いマスコミから、 こんなん世界に配信されてますわ。 ホント、恥ずかしい。 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-16/PQ18D26JTSEA01 日本国内のマスコミはバカだから、 知ってか知らずか、何にも問題視しませんが、 世界は冷静なんですわ。 見抜かれてますねん。わが日本の実情を。 ちなみに、日経によると、 このバークシャーの件、 「発行する社債は5年、7年、10年、15年、20年、30年の6本。 このうち10年債は表面利率が0.44%で、 発行金額は1465億円と6本の中でもっとも多かった」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49510400W9A900C1EN2000/?n_cid=SPTMG002 これは何を意味するかというと、 ここ5年以内に、円はその価値を毀損(きそん)し始めて、 さらに5年かけて急激に奈落の底に沈み、 そこからさらに20年は凋落傾向が続く、 と見立てている、ということです。 今から30年後・・・、 我々、 すでに死んでいるか、死にかけている頃ですな。 年金なんて、ありゃしません。 あったところで、それは「円」。 その頃、円は既に暴落しきっていて、 オイルは買えない、小麦も買えないという状況になっていて、 しかも、手に職もない、という末期的な状況、 つまり、地獄、って言うことですよ・・・。 江戸川の河原や大阪城公園には 家を持てない貧民が溢れるだろうし、 天神の繁華街でも子供老人の窃盗事件が日常的に発生するだろうし、 仙台の国分町ではネット売春の私娼が街を彷徨っているでしょうし、 札幌の地下街オーロラタウンから排除された路上生活者が テレビ塔の下で次々と凍死するのでしょうし・・・。 生存をかけた人と人との争いが、 まるでゲームのように繰り広げられていることでしょう。 そんな、都市が貧民であふれかえる一方、 生活インフラはズタズタのまま放置されて、 地方は、確実に廃墟と化すでしょう。 日本の荒廃は、地方から始まると思います。 そんな凄惨な国内状況を尻目に、 港ヨコハマの一角では 贅を尽くした楽園リゾートの中で、 大富豪が毎夜毎夜、数百万、数千万の 丁半博打に明け暮れている・・・。 そんな、明るい未来が やってくるでしょう。 もう10年もすれば。 そんな、想像のパズルが、 日に日に、 事実で一つ一つ埋められていっている、 そんな感覚を抱いています。 でもでも、 こんなコト、口頭試験のときに 将来の話になっても、ゼッタイに 調子に乗って言ってはいけませんよ。 口頭試験は、 本音を言う場ではありません。 誤解を恐れずに言うと、口頭試験は、 「技術士にふさわしい技術者を演じる場」 なのですから。 それはそれ。 これはこれ。 ただ、 こうした将来は、 ウォーレンバフェットという、慧眼な投資家がそうするぐらい ほぼ間違いなく訪れる将来なので、 技術者であるあなたは、それを理解した上で、 技術者としての今の行動を選択するべきです。 あなた次第です。 こんなこと、会社の誰も指図してくれませんから。 というか、社長さんとかに、 あなたから 指示して差し上げてくださいな。 あなたなりの理念を持ちましょう。 あなたなりの、哲学を育(はぐく)みましょう。 会社を救うのも、 日本を救うのも、 極悪同盟にイジメられている クラッシュギャルズを救うのも、 あなた。 戦前戦中戦後を生き延びてきた両親が 口を揃えて言っていました。 「今が一番、世情が悪い」 なーんてね。 台風来るっつって、 暑くて暑くて。。。 そんな暗いコトばっかし考えてても、何だし・・・。 「荒野行動」でもしよっと♪

3回の閲覧0件のコメント