検索

加藤茶と、文明にとっての最大の脅威

シトシトと、雨が降り出しやした。

今日は一日、ずっと降り続くみたいです。


でも、風もなく、天から雨粒が舞い落ちるような、なんとも優しい降り方ですわ。



五月の雨ってぇのはねぇ、ほんとに優しくて。


庭の、乾いた露地に、舞い降りた雨粒が、ホンって小さな土埃を上げて、そして、恥じらうかのように、すぐに吸い込まれていく。


遠くの丘陵地の淡い緑も、雨霞みの向こうで、なぜか生き生きとしているような。



えへへ。


ねぇ旦那、こうやって

季節ってぇのは、移ろいゆくんですな。




あ、すぃやせん。




旦那は、今年の夏の筆記試験対策で忙しくて、そんな、雨降りごときに感傷的になってる場合じゃありませんでしたな。





夏の筆記試験ねぇ。


もう5月のこの時期なら、何度も何度も、技術ノートのヒヤリングと音読を繰り返していて、ほんで、模擬試験にトライしてなきゃなりませんな。


まあ、あまり焦らずに、進んでいきましょ。



ほんでね、旦那、

また他愛もない話で申し訳ないんですがね、


近頃、アッシ、自宅2階の寝室ではなく、1階の居間で就寝することが増えてしまいましてね。


いえ、別に大した理由はないんでゲすがね。


なんかね、旦那、例のCOVID-19のせいでしょうけど、近頃はもう完全に人や車の往来が減って、夜11時を過ぎると、もう、辺りはシーンと静まり返ってね。


我が家の1階、かったーいフローリングの上に引いた、うっすーい絨毯の上でも、なんかね、一種の非日常を感じることができるんで、なんだか、少しワクワクした気持ちで近頃は床?に就いてるんですわ。


んでもって、夕べなんて、雨戸もガラス窓も開けて、シーンと澄み渡った夜気を感じながら、眠るんですわ。


ほんだら、いい感じにひんやりした冷気が夜陰からスーッと、流れるように真っ暗な居間に入ってきて。


そしたらぁ、旦那ぁ・・・、何ともまあ、センティメンタルな気分になるんですわぁ。

きっと、明治時代も、江戸時代も、奈良時代も、おんなし時間が流れてたんだろうなぁ、って。


開け放した窓から首だけ、いや、首とアタマだけ外に出すと、冷涼な外は、シーンとしていてね。

時折、サクッて小さな音がして、遠くの方で木の葉が地面に落ちる。


きっと先達たちも、この音を聞きながら、同じように寝てたんだろうな、ってね。

木戸孝允も、緒方洪庵も、柿本人麻呂だって、きっとこの・・・ヒッ










ヒ~ックション!









あ、(ズルズル!)、



すんません、



エヘヘ。





加藤茶の真似しただけですゎぁ。




そういえば、加藤茶、だいぶ歳取りましたなぁ。



大丈夫かなぁ。。。


全員集合世代のアッシとしては、茶の健康状態は気になるところで。







ってか、そんなことはどうでもよくて、


そうそう。


昨晩、衆院内閣委員会で、例の検察庁法改正が審議されてましたな。

旦那、ご覧になりました?



【ノーカット】検察庁法改正案 / 森まさこ法務大臣出席【国会中継】衆議院 内閣委員会 ~令和2年 5月15日

https://youtu.be/CZku-_lh014


1:15:00過ぎからかなぁ、森法務大臣のはぐらかしが酷くてねぇ、旦那。


これがねぇ旦那、筆記受かった後の12月の口頭試験だったら、試験官から「真面目に答える気あるんですか?」って叱られるレベルでやんすよ。


昨日はすぐにも強行採決される気配だったけれど、結局この後、野党側から武田担当大臣の不信任案が出て、来週以降に持ち越しとなりやした。



でもねぇ、旦那、これが今の我が国の政府なんですよ。

旦那が前回の選挙で選んだ、政府の姿なんですよ。









エッ!?









「俺、選挙なんて行ってないよ」って!?









あのね、旦那、アッシ、つくづく感じるんですがね、

気障(キザ)な物言いに聞こえったらそりゃ申し訳ないんですがね、


やっぱし、技術者といえども、教養は必要だなって。




教養って、別にソクラテスとか小林秀雄を読め、ってんじゃないですよ。

そじゃなくて、社会人として、我が国、いや世界中のあらゆることに対して洞察する力を養うには、教養と見識が不可欠だと思ってやしてね。



だってね、旦那、『総合技術監理 キーワード集 2020』にも、こう書いてありますやんか。


「科学技術社会の基盤を支える技術者は、・・・社会人として、技術者としての高い倫理観や国際的視点を持つことが求められる」ってね。

https://www.mext.go.jp/content/20191216-mxt_kiban01-000003238_2.pdf










ウィ~ックション!









(ズルズル!)





・・・すんません、旦那。




ゆんべ、窓開けて寝てたモンで。







ね、旦那。


教養が無いってぇのは、いくら技術力が高くても、全然ダメでね。


なんなら、文明の敵だ!ぐらいに言う人もいるくらいですわ。


「無教養な専門家による脅威こそ、われわれの文明にとっての最大の脅威」

https://www.aspeninstitute.jp/ideal/


これ、アメリカのシカゴ大学の元総長の言葉なんですがね。

我々が扱う理学、工学などの科学技術はもちろんだけれど、社会科学、人文科学など、あらゆる分野で専門家と呼ばれる御仁は、すべからく教養を備え、理性的でなければならない、ってさ。


さっきの森大臣って、弁護士で、ニューヨーク法科大学院に留学してたりする、いわゆる賢者なんですが、でも、さっきのYouTube、ご覧になりましたやろ?


日本語、通じてまへんやろ?


もちろん、森法務大臣も、敢えてはぐらかしてまんねやろけど、でも、でもですよ旦那、どんな理由があれど、結果、やっぱし「はぐらかし」てますねん。


で、なんで、あれほどの賢者があれだけ露骨にはぐらかし切れるのかというと、「有権者はバカだからすぐに忘れる」って、舐めてかかってるからですよ。










旦那、馬鹿だと思われてまっせ。















ヒ~ックション!











だからってねぇ旦那、いきなり「哲学書読みなはれ」って言うつもりはありませんがね、でも、理性的な目で世の中を眺める、冷静なアタマで情報に接する、ってぇのは、筆記試験前の今とはいえ、できますやろ。



舐められたらあきまへんで、旦那。






えっ!?


「おらぁもう歳だから・・・」って?



えっ?


「私、まだ若いんで・・・」って?






旦那ねぇ、旦那が若いか若くないのか、知らんけれど、

どっちにしたって、歳なんてなんの言い訳にもなりませんぜ、旦那。


若い人でも理性を確立してる人もぎょうさんいれば、年配でも、赤ちょうちんで管を巻くだけの人も、ぎょうさんいるんですよ。






何に付けても、歳なんて、関係ない。


ぜったいに、関係ない。






そんなに年齢のコトが気になるなら、これを見なはれ!

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/01/news111.html











茶のことは、綾菜はんに任せまひょ。








(ズルズル~!)







【今回の反省】

・導入部が長すぎる

・綾菜はんが金目当てじゃないことに触れてない

・やっぱし江戸弁と関西弁が混じる

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​技術士合格の仕組み講座 © 2021 ビジネスマン自立実践会