検索

アウフヘーベン・・・

二次試験まで残すところあと2か月となりました。 本来ならもう仕上げの段階ですね。 きっとあなたはもう自信満々で、 たっぷり書き溜めたノートもしっかりと理解していて、 あとは模擬試験を何度も繰り返すだけ・・・ エッ!? ナニ!? まだ全然そこまでイケてない!? アラー・・・ まあ、 でも、まあ、 まだ、何とかなりますよ。 というか、何とかしましょうよ。 『一発合格のツボ』でも書いたとおり、 残り1か月でも 合格可能性を3割ぐらいに引き上げることは 可能ですから。 これから過去問をひたすら学習して、 同じ出題があったらそこだけは完璧に解答できるようにしておけば、 何とかなるかもしれませんよ。 打率1割のピッチャーが タイムリーヒットを打つこともありますから。 あなたが何とかしようと思えば、ですけど。 さてさて、 ここ数日、図書館に籠ったりして、 総合技術監理部門の択一対策のための 資料集めをしているのですが、 「やっぱりね~」 ということがあったので、 しかも、結構大切なところだと思うので、 あなたにチョッとだけご報告。 総合技術監理において 非常に大切な概念として、 リスクマネジメントというのがあります。 このリスクマネジメントというのは、 組織やプロジェクトに潜在するリスクを把握して、 そのリスクに対して使用可能なリソースを用いて 効果的な対処法を検討及び実施するための技術体系なんですが、 こと総監においては、 リスクというのはすべからくネガティブなもの、 という捉え方をされてきたんですけど、 これって、実は片手落ちなんです。 これがどう変わるのかというと、 ・・・・・・・・ これまで好ましくない影響だけを対象としてきた安全分野でも、 リスクマネジメントは事故や災害を減少し、 企業価値や社会価値を増大させてきた。 このようにリスクの影響については、 好ましいものと好ましくないものの双方を相反するものと捉えるのではなく、 価値創造の最大化と捉えることが重要である。 ・・・・・・・・ ね。 リスクって、そう。 ポジティブな面もあるんです。 てか、それ言わずして、リスクは語れないはずなんです。 長くなるのでまた別の機会にしますが、 リスクは、 危険の芽であり、 進歩の芽でもあるので、 この両面を考えながら、 マネジメントしていくことが、 とってもとっても、 とーっても大切なんです。 リスクは、 もちろんネガティブに捉えて良いんですが、 ポジティブにも捉えてみて、 そして、 価値創造の最大化とやらになんとかつなげてやろうとすることが、 官民問わず、 労使を問わず、 欠かしちゃいけない視点なんです。 ※ただし安全分野の「リスク」はこれまで通りの解釈のままでOKです。 「価値創造を、最大化、するのかぁ・・・」 あー、 いえいえ。 それって、 そのイカつい名前ほど 難しいものではありません。 まず、リスクのネガティブな面について一通り考えた後、 アウフヘーベン・・・ アウフヘーベン・・・ と、眼を閉じながら、 何度か小声で 呪文みたく唱えたらいいんです。 アウフヘーベン・・・ アウフヘーベン・・・ ちなみに、アウフヘーベンとは、 哲学用語で、 弁証法のことです。 ある考えAと、それと対立する考えBがあった場合、 その間に横たわる矛盾を解決するあたらしい考えCを 導き出すことです。 ためらうことはありません。 アウフヘーベン・・・ アウフヘーベン・・・ あらゆる発見、発明は、 こうした、だれもが矛盾と思うものを、 知恵と工夫で解消することから生まれてきているのです。 さあ、あなたも。 あと2か月しかない・・・ ノートなんてぜんぜんできてない・・・ ヤバい・・・ ってネガティブに落ち込んだ後は、 そう。 アウフヘーベン・・・ アウフヘーベン・・・ アウフヘーベン・・・ あーよかった~!! まだ2か月もあるゾ~♪ ※『聴く!技術士二次試験一発合格のツボ』はこちらから! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ https://amzn.to/2Q8oSnX

1回の閲覧0件のコメント